TOKYO KOGAKU(東京光学)

東京光学の特徴

東京光学は、1932年に現在のセイコー、服部時計店精工舎の測量機部門を母体として設立された光学機器メーカーで、後に様々な経緯を経て、1989年には社名がトプコンに変更されました。
かつてはカメラメーカーとしても有名でしたが、1981年には一般向けカメラ市場から撤退したため、現在中古市場で取引されているものは過去に発売したものとなっています。

東京光学で高値買取される商品

プリモフレックスシリーズ

プリモフレックスシリーズは、1950年にプリモフレックスⅠを発売し、その後数多くのシリーズ物を販売した6×6cm判二眼レフカメラです。
最初は服部時計店から販売しようとしましたが、結局大沢商会から販売されることとなり、大沢商会の商標であるプリモの名がつけられました。
並行して自社ブランドであるトプコフレックスの名前がついた製品もシリーズの中にはありますが、極少数となっています。
後には服部時計店の商標であるローレルのローレルフレックスの名がつけられた商品も、服部時計店から販売されましたが、プリモフレックスシリーズの大多数はプリモフレックスの名前で販売されました。
特別に新しい機構は採用していませんが、堅実なつくりで非常に使いやすくできていて、二眼レフカメラ界をリードするカメラとなりました。

トプコンホースマンプレス/VHシリーズ

トプコンホースマンプレス/VHシリーズは、日本産でははじめての本格的な多用途万能テクニカルカメラです。
元々は駒村商会の製品であり、その原型はPC-101となっていて、1955年にホフマンプレスとして発売されましたが、製造元のホフマン光学が倒産して、駒村商会の駒を意味する馬からホースマンという名前に変更され、島津製作所の協力でホースマン102に発展した経緯があります。
東京光学としは、ホースマン104から協力しました。
グラフレックス規格のフィルムホルダーによって6×9cm判、6×7cm判となり、距離計連動カムを簡単に交換できて、外したカムはファインダー下に収納しておく場所があるのが大きな特徴です。
撮影用アダプターによって4×5inシートフィルムが使用できるのも、このカメラシリーズの特徴です。

編集部厳選カメラ高額買取四天王

編集部厳選カメラ高額買取四天王